イギリス生活 | イギリス生活 kira kitu sawasawa イギリス生活 kira kitu sawasawa イギリス生活

イギリス生活 kira kitu sawasawa

アメリカにて大学卒業後に現地で就職。職場で出会った現在の夫と共に現在はイギリスで生活しています。2012年12月、主婦をしながらバース大学大学院通訳・翻訳過程を修了。イギリスでの生活について、日々想うこと、英語、趣味やくだらない話まで多岐にわたって毎日の気ままな記録を綴っています。(旧:主婦+学生のきまぐれイギリス日記)
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/03/19

コッツウォルズで気軽にアフタヌーンティー

「気分転換がしたいね」

仕事で煮詰まっていた友人と電話越しに話しているうち、

急遽コッツウォルズに行くことに。

このティールームには何度も来たことがあるのだけれど

アフターヌーンティーをするのは始めてだった。





アフタヌーンティーと言えば、ちょっと着飾って行き、

きれいなホテルで「オホホタイム」 みないなイメージがあるけれど

こういうお茶やさんのアフターヌーンティーは

予約も不要で、カジュアル。値段もお手頃。

お客さんだってみんな普段着で、のーんびりしながら

楽しむことができる。


サンドイッチを食べ終わった時点で

すでにお腹がいっぱいになってしまい、

残りのほとんどを持ち帰ったのだけれど

特に真ん中の段のケーキがすっごく美味しかった。

生クリーム好きにはたまらない。


この日、友人はわざわざロンドンから遊びに来てくれた。

私は車でコッツウォルズまで1時間足らずの距離に住んでいて

頻繁に遊びに来れることが、とても羨ましいのだそう。


私自身、こんな素敵な場所の近くに住むことができるという

ささやかな幸せを感じ始めたのはここ1年くらい。

あと何年イギリスで暮らすかはわからないけれど

貴重な機会だから思いっきり楽しまなくちゃ。


特にボートン・オン・ザ・ウォーターが好き。

私にコッツウォルズの美しさを教えてくれたこの友人も

ここが一番のお気に入りなんだそう。


可愛らしい街の中を小さな川が穏やかに流れる。

ボートン・オン・ザ・ウォーター







アフターヌーンティーにも、美しい景色にも心を和ませてもらった。


楽しんで頂けたら、クリックで応援してもらえると嬉しいです



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ




2014/03/16

花粉症の季節 変なアレルギーと眠くならないノンドラウジー薬

天気の良い週末。近所でも芝を刈る音がする。

我が家の庭では小さく黄色い花がたくさん咲き、

尾が青いきれいな鳥が遊びにくる。



たんぽぽをはじめ、こんな風に芝生に咲く花はアメリカでは「悪」とされている。

芝生だけの真緑が景観として美しいらしく、

一本一本丁寧に取り除いては、ブラシでちょこんと除草剤を塗るという徹底ぶり。

イギリスでは芝生の中にもたんぽぽなんかが咲き放題。

私はこっちの方が好き。かわいい花、バンザイ。

一本ずつ除草なんてマメなこと、私にはできないし。


そろそろ花粉症の季節。

夫は芝生やその他の草花に反応するようで

これからの季節、かわいそうなほどくしゃみをする。

例年、スーパーで売られている、

眠くならないタイプの抗アレルギ薬は売り切れ続出。

本格的なシーズンになる前に大量に買い込んでおいた。

眠くならないタイプの薬は no ndrowsy(ノンドラウジー)と呼ばれているもので

このタイプでなければ、眠くなって仕方ない。

この奇妙な薬の配置、いつも不思議に思う↓



私は変なアレルギーを持っていて、春や夏の快晴の日には

キーーーンという大きな耳鳴りがしたり、

誰かが握り潰そうとしているんじゃないかと思うほど

目の奥が痛くなる。


日本ではこんなことなかったので、

アメリカでもイギリスに来てからも同じ症状に悩まされ

お医者さんに診てもらうと「単なるアレルギー」と言われた。

アレルギーとわかってからは安心だけど

それまでは未知の体験に何か恐ろしい病ではないかと恐かった。

変なアレルギーだと思うけれど、どうやら普通らしい。



楽しんで頂けたら、クリックで応援してもらえると嬉しいです



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ




2014/03/14

春の気配 季節性うつとSADライト

まだ寒いものの最近は少し暖かくなってきて

春の訪れはもう間近だなと思う。


暗くて長いトンネルの中で

光が見えてきて出口に近づいているような感じ。


イギリスの冬は本当に苦手。

昨年までこの国を好きになれなかった

大きな理由の一つはこのお天気だった。

陰鬱なお天気は気分まで曇らせるし

出掛けるのも億劫。


そんな話を友人としていた

イギリス生活1年目のある日

友人にSADライトの存在を教えてもらった。


SAD とは Seasonal Affective Disorder の略で

季節性うつのこと。

日照時間が短い地域では

広く知られたこと。

そういえば以前、

アメリカで最も日照時間の少ない地域に

留学していた親戚から

「ここはアメリカで自殺率が一番高い」

と聞いたことがあった。


太陽は人体にとんでもない影響を与えるものだ。


自分が季節性うつだという自覚はなかったけれど

冬場は夏に比べて明かに気分に違いが出るので

SAD ライトの存在を知ってから使うようになった。


SAD ライトの光を浴びることで日光を

浴びることと同じような効果があるらしい。


冬場、極度に日照時間が短くなるイギリスでは

季節性うつ対策にSAD ライトをごく普通に使う

人が多い。近所の電化製品店でもよく見かけるほど。


お医者さんに相談するくらい重度の人は

はこのようなところに顔を入れて

SAD ライトをしっかり浴びるらしい。


私が使っているSADライトは小さな家庭用のもの。


どよーんとしたお天気の日に

このライトを浴びながら

波打ち際の音楽を聴くのは

ちょっとした癒し時間。


正直、効果のほどはわからない。

イギリス4年目の今だって

イギリスの冬が大嫌いなことには変わりない。

春の訪れを感じる最近は

小さなウキウキが胸の中で育ってくるのがわかる。


SAD ライトにはまた秋頃までお世話にならなくてよさそう。



楽しんで頂けたら、クリックで応援してもらえると嬉しいです



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ








<<戻る 次へ>>

■  プロフィール

bluebanana

Author:bluebanana
どんぶらこペースのフリーランス翻訳者

2007-2010年8月
  米国にて留学、就職
2010年9月
  日本に帰国し結婚
2011年2月
  渡英
2012年12月
  英国大学大学院通訳・翻訳修士課程修了

趣味はスイム、ネイル、読書、映画、ヨガ

「いつかきっと」なんて言わず
その日を自分で叶えていきたい。
いつだって頭の中は"it's now or never"
人生が足りないくらいやりたいことたくさん。

■  ブログランキング

1日1クリック応援してもらえると
励みになります♩
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

■  カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■  フリーエリア

コルフ島
旅行口コミ情報

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (0)
グラストンベリー (10)
留学生活 (62)
イギリス生活 (136)
雑話 (27)
健康 (7)
読書 (8)
バース (15)
アップル製品 (12)
笑いたいときに (6)
英語 (13)
日本語 (2)
ランゲージイクスチェンジ (5)
ダイエット (1)
映画 (7)
ネイル (21)
日本への里帰り (13)
翻訳 (4)
湖水地方 (2)
ギリシャ (4)
トルコ (4)
イタリア (4)
キックボクシング (5)
洋裁 (1)
スイス/フランス (4)
ミーシャ (2)
ラルワース (1)

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  QRコード

QR

■  ブログ内ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。