失恋からの立ち直り方。キャメロン・ディアス主演映画『ホリデイ』 〜イギリスとアメリカの違い〜 | イギリス生活 kira kitu sawasawa イギリス生活 kira kitu sawasawa 失恋からの立ち直り方。キャメロン・ディアス主演映画『ホリデイ』 〜イギリスとアメリカの違い〜

イギリス生活 kira kitu sawasawa

アメリカにて大学卒業後に現地で就職。職場で出会った現在の夫と共に現在はイギリスで生活しています。2012年12月、主婦をしながらバース大学大学院通訳・翻訳過程を修了。イギリスでの生活について、日々想うこと、英語、趣味やくだらない話まで多岐にわたって毎日の気ままな記録を綴っています。(旧:主婦+学生のきまぐれイギリス日記)
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/11/20

失恋からの立ち直り方。キャメロン・ディアス主演映画『ホリデイ』 〜イギリスとアメリカの違い〜

映画ホリデイ。

イギリスとアメリカの違いがよくわかる。
クリスマス前後のイギリスとアメリカを舞台にした作品

キャメロン・ディアスが演じるアマンダはアメリカ、LAで映画予告編の制作会社を営んでいる。
ボーイフレンドが自分よりも若い女性と浮気していたことを知り、別れたばかり。

一方、

ケイト・ウィンスレット演じる、アイリスはイギリスのロンドンで新聞社に勤めている。
3年交際した社内恋愛のボーイフレンドは、社内の別の女性と浮気し、
知らない間に婚約までしていた。。。



失恋で、傷心した二人はどこかへ旅に出ようと決意。
インターネットのホームイクスチェンジサイトで知り合い、
お互いの家を交換する。という物語。

アメリカ、イギリスのアクセントもさることながら、
家の大きさの違い、性格の違いなども随所に描かれている。

失恋から始まる物語なのに、すごくスッキリ爽快な気分にさせてくれる映画。
特にクリスマスへ向けた今の時期にピッタリ。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログへ


コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bluebanana250811.blog.fc2.com/tb.php/96-26dcb56c

■  プロフィール

bluebanana

Author:bluebanana
どんぶらこペースのフリーランス翻訳者

2007-2010年8月
  米国にて留学、就職
2010年9月
  日本に帰国し結婚
2011年2月
  渡英
2012年12月
  英国大学大学院通訳・翻訳修士課程修了

趣味はスイム、ネイル、読書、映画、ヨガ

「いつかきっと」なんて言わず
その日を自分で叶えていきたい。
いつだって頭の中は"it's now or never"
人生が足りないくらいやりたいことたくさん。

■  ブログランキング

1日1クリック応援してもらえると
励みになります♩
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

■  カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■  フリーエリア

コルフ島
旅行口コミ情報

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (0)
グラストンベリー (10)
留学生活 (62)
イギリス生活 (136)
雑話 (27)
健康 (7)
読書 (8)
バース (15)
アップル製品 (12)
笑いたいときに (6)
英語 (13)
日本語 (2)
ランゲージイクスチェンジ (5)
ダイエット (1)
映画 (7)
ネイル (21)
日本への里帰り (13)
翻訳 (4)
湖水地方 (2)
ギリシャ (4)
トルコ (4)
イタリア (4)
キックボクシング (5)
洋裁 (1)
スイス/フランス (4)
ミーシャ (2)
ラルワース (1)

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  QRコード

QR

■  ブログ内ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。