郵便局でお手軽ビザ更新用生体認証   | イギリス生活 kira kitu sawasawa イギリス生活 kira kitu sawasawa 郵便局でお手軽ビザ更新用生体認証  

イギリス生活 kira kitu sawasawa

アメリカにて大学卒業後に現地で就職。職場で出会った現在の夫と共に現在はイギリスで生活しています。2012年12月、主婦をしながらバース大学大学院通訳・翻訳過程を修了。イギリスでの生活について、日々想うこと、英語、趣味やくだらない話まで多岐にわたって毎日の気ままな記録を綴っています。(旧:主婦+学生のきまぐれイギリス日記)
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/02/19

郵便局でお手軽ビザ更新用生体認証  

先週、ビザ更新の手続きに進展があり「生体認証を行ってください」との通知がきた。

生体認証を行うと最大8週間以内にパスポートが返却され、ビザが発給されるとのこと。


車で一時間ほどの場所にある街の郵便局で、

その手続きができるとのことで夫と共に向かった。


郵便局近くの駐車場に車を停めた後、郵便局はどこだろうと立ち止まって

キョロキョロしていると、学生さんと思われる2人の女の子たちから

「調査に協力してもらえませんか」と声をかけられ

「その後に郵便局の場所教えてくれるならいいよ」とアンケートに応じた。


・障害を持つ子供への国からの支援
・移民の問題

などについてかなり細かく複雑な問いかけをする調査。


はい いいえ だけで答えるだけでなく、文章で回答を求める項目が多く

調査用紙も一人当たり4、5枚とかなり気合いが入った調査のよう。

はい いいえ にサッサとマークしてすぐに終えるだろうと考えていたのは

甘かったのだと悟ったけれど、もう遅い。しっかり答えなくては。


移民については、まさに私たちにとってかなり旬な話題。

移民の立ち場で色々考えることはあるけれど

それにしても求められる回答が

「障害を持つ子供への支援金はどう使われるべきだと思いますか」

「政府の移民規制についてどう思いますか」

「政府はさらに移民規制するべきだと思いますか」

移民制限は厳しくなる一方で確かに関心が高いかもしれないけれど

国民みんながひっきりなしに議論する事とも思えない。

この調査に協力する人はみんなしっかり回答できるのだろうか。

夫と互いの紙を覗きこみながら、回答するのに苦労した。


調査を行っているのは大学生か大学院生かと思ったら

なんと、彼女たちは高校生だというからびっくり。

少なくとも私がこういった問題に興味を持ち出したのは大学生になってからだった。

画一的な受験が一般的な日本において一体どれほどの高校生たちが

彼女たちのように現代社会のリアルな問題を考える機会を与えられるだろう。

高校生の頃からこうして冬の寒い日に街頭に立ち

街行く人から実際の声を聞くというのはとても良い経験になるのだろうな。

私の回答が、その良い経験に寄与できるかは別だけど。


およそ10分ぐらい調査用紙とにらめっこして、ようやく回答を終えた。

郵便局の場所を教わってから、郵便局に到着。


順番がくるまで数分待って、窓口へ。

手続き用の書類を渡して写真を撮るブースに案内された。

このブースで写真撮影、指紋の採取、電子署名が全て行われた。

指がカッサカサで指紋の採取が困難だった夫はその分余分な時間を要したけれど

それでもあっけなく生体認証は終了。

料金を支払って今日行うべき全ての手続きを終えた。

たぶん、さっき協力した調査に要した時間の方が長かった。


あとはパスポート返却とビザの発給を待つのみ。

郵便局でこんな手続きができるなんて、そんなシステムにびっくり。

国や地域によって、発達しているものに差はあるけれど

この国で生活していると、日本やアメリカと比べて

政府や行政との距離は格段に近いと感じる。


英国の運転免許証やパスポートのコピーは持っているけれど

やはり海外生活で実際のパスポートが手元にないというのは心地良いものではない。

パスポートの返却と正式な滞在許可証を手にするのが待ち遠しい。




コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bluebanana250811.blog.fc2.com/tb.php/385-5f613785

■  プロフィール

bluebanana

Author:bluebanana
どんぶらこペースのフリーランス翻訳者

2007-2010年8月
  米国にて留学、就職
2010年9月
  日本に帰国し結婚
2011年2月
  渡英
2012年12月
  英国大学大学院通訳・翻訳修士課程修了

趣味はスイム、ネイル、読書、映画、ヨガ

「いつかきっと」なんて言わず
その日を自分で叶えていきたい。
いつだって頭の中は"it's now or never"
人生が足りないくらいやりたいことたくさん。

■  ブログランキング

1日1クリック応援してもらえると
励みになります♩
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  フリーエリア

コルフ島
旅行口コミ情報

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (0)
グラストンベリー (10)
留学生活 (62)
イギリス生活 (136)
雑話 (27)
健康 (7)
読書 (8)
バース (15)
アップル製品 (12)
笑いたいときに (6)
英語 (13)
日本語 (2)
ランゲージイクスチェンジ (5)
ダイエット (1)
映画 (7)
ネイル (21)
日本への里帰り (13)
翻訳 (4)
湖水地方 (2)
ギリシャ (4)
トルコ (4)
イタリア (4)
キックボクシング (5)
洋裁 (1)
スイス/フランス (4)
ミーシャ (2)
ラルワース (1)

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  QRコード

QR

■  ブログ内ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。