お嬢様の本音と建前 | イギリス生活 kira kitu sawasawa イギリス生活 kira kitu sawasawa お嬢様の本音と建前

イギリス生活 kira kitu sawasawa

アメリカにて大学卒業後に現地で就職。職場で出会った現在の夫と共に現在はイギリスで生活しています。2012年12月、主婦をしながらバース大学大学院通訳・翻訳過程を修了。イギリスでの生活について、日々想うこと、英語、趣味やくだらない話まで多岐にわたって毎日の気ままな記録を綴っています。(旧:主婦+学生のきまぐれイギリス日記)
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/10/12

お嬢様の本音と建前

日本からのVIPな来客をお迎えする当日。
夫の仕事に関係する大切なお二人。
前日の下見の成果を発揮するときがやってきた。

待ち合わせの場所にかなり早く着いた。
けれど、忘れ物に気が付いた。
土日のロンドンの地下鉄運行状況を調べること。
特に頼まれていないし、使ってもらえるかさえわからないけれど
念のため用意しておくか。

近くのスタバでロンドンの地下鉄マップを広げながら
iPhoneで調べて、土日に運行していない所を黒く塗りつぶす。
地図にしてみると、運行しない線がかなり多い。

そんなことをしてもまだまだ余裕を持って待ち合わせ場所へ。
着いた途端、それらしき女性2人が丁寧に会釈してくれる。
待ち合わせ15分以上も前なのに、私よりも先に待っていた。

色んな意味で私よりもかなり目上の方々なのに、
私に丁寧に深々とおじきをする。
本社の社長夫人とお嬢様、そう聞いただけで
かなり緊張感溢れる時間になるんだろうと覚悟していた。

挨拶をしたあと歩きながら色々話すうちに、
「今日は楽しい一日になりそうだ。」すぐにそう思えてきた。
二人とも物腰が柔らかく、品がありながらも面白い。

最初にお連れしたのはビッグベン。
二人ともそれを見た瞬間、かなり感動していた。
「あぁ、イギリスでよかった。」と夫人は感慨深げ。

さらにウェストミンスター寺院の素晴らしさに圧倒された夫人が言う。
「私ね、本当はシェーンブルン宮殿に行きたかったの。
イギリスにあると思ってたけどウィーンなのよね。
それを知らなくって、シェーンブルン宮殿に行くために
イギリスに行きたいって言って旅行の手配してもらったんだけど、
旅行が決まってから間違いに気がついたの。間違えてほんっとに良かったわ


前日とは打って変わって晴れ渡り、
テムズ川をまたぐケーブルカーからの景色がきれい。


セントポール大聖堂の一番上からの景色


カフェの窓越しに撮影した雨上がりのロンドンにかかる虹


お二人は、二人の夫であり父である社長のことを
ネタにする母娘漫才のようだった。

二人の口から出てくることが何でも面白い。
仕事では、かなり厳しい人として有名な社長。
家庭ではかなりの愛妻家であり、お嬢様を溺愛しているらしい。

特に面白かったのは、、、
・社長が出張へ行くたびに、お嬢様にプレゼントする
ブランドのバックを大人買いしてきて、軽く100以上のバックが
所狭しと家にあること。はじめのうちは、とんでもなくセンスが悪かったけれど
かわいくないデザインのバッグの1つでも良いところを無理矢理見つけては
褒めつつ、「ここがもう少しこうなら、もっとかわいいだろうね」と
伝えると、どんどんセンスの良いカバンを買ってくるようになった。

・出張へ行くと必ず、大量のお土産を買ってくる社長。
次から次へと出張先へ出掛けるため、帰宅する時間がないときには
宅配便でお土産を送ってくる。ある日、荷物を開けてみるとアクセサリーの箱がぽつり。
今回はお土産の買い物ができなかったんだな、、、と思いつつ箱を開けると、
箱の中に高額なお小遣いが。

・単身赴任先から帰宅するたびに新幹線の駅で
5、6つのお菓子の箱を(3人家族なのに)お土産に買ってくる社長。
「たくさん買って来られても困る」と社長に
伝えると、とても寂しそうな顔をするらしい。
今では大量のお菓子を見る度に「うわぁ美味しそう♡ありがとう☆」
と笑顔でお嬢様は大喜びして見せ、社長がまた家を出たとたんに
「お母さん、これどうしよっか・・・」とため息。
近所の人を招いて一緒に食べてもらっている。

世間では良いところのお嬢様は世間知らずなわがままでかなり甘やかされている。
なんていう認識だし、私も少なからずそう思っていた。
けれど、今回お目にかかれたお嬢様は父親が異常なほど自分を甘やかしている
ことを客観的に見つめ、常識をしっかり持ったしっかりした方だった。
それでもって話がとにかく面白い。

こんなご夫人とお嬢様もいるんだぁと新たな発見をした。

終始笑顔で話がはずみ、笑い過ぎて久々にほっぺが痛くなった。

楽しんで頂けたら、クリックで応援してもらえると嬉しいです



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ



コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bluebanana250811.blog.fc2.com/tb.php/299-97b08629

■  プロフィール

bluebanana

Author:bluebanana
どんぶらこペースのフリーランス翻訳者

2007-2010年8月
  米国にて留学、就職
2010年9月
  日本に帰国し結婚
2011年2月
  渡英
2012年12月
  英国大学大学院通訳・翻訳修士課程修了

趣味はスイム、ネイル、読書、映画、ヨガ

「いつかきっと」なんて言わず
その日を自分で叶えていきたい。
いつだって頭の中は"it's now or never"
人生が足りないくらいやりたいことたくさん。

■  ブログランキング

1日1クリック応援してもらえると
励みになります♩
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  フリーエリア

コルフ島
旅行口コミ情報

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (0)
グラストンベリー (10)
留学生活 (62)
イギリス生活 (136)
雑話 (27)
健康 (7)
読書 (8)
バース (15)
アップル製品 (12)
笑いたいときに (6)
英語 (13)
日本語 (2)
ランゲージイクスチェンジ (5)
ダイエット (1)
映画 (7)
ネイル (21)
日本への里帰り (13)
翻訳 (4)
湖水地方 (2)
ギリシャ (4)
トルコ (4)
イタリア (4)
キックボクシング (5)
洋裁 (1)
スイス/フランス (4)
ミーシャ (2)
ラルワース (1)

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  QRコード

QR

■  ブログ内ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。