ギリシャ コルフ島 〜2日目〜 | イギリス生活 kira kitu sawasawa イギリス生活 kira kitu sawasawa ギリシャ コルフ島 〜2日目〜

イギリス生活 kira kitu sawasawa

アメリカにて大学卒業後に現地で就職。職場で出会った現在の夫と共に現在はイギリスで生活しています。2012年12月、主婦をしながらバース大学大学院通訳・翻訳過程を修了。イギリスでの生活について、日々想うこと、英語、趣味やくだらない話まで多岐にわたって毎日の気ままな記録を綴っています。(旧:主婦+学生のきまぐれイギリス日記)
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/06/06

ギリシャ コルフ島 〜2日目〜

ギリシャ コルフ島への旅行二日目。

朝から太陽と海が眺められて幸せ


ホテルの朝食へ

オレンジをポンポン放りこむと、機械の中で真っ二つに割れ、
自動的に絞ってくれる。こんなマシーン初めてみた。


朝食時の席からも海の眺め。


お昼頃までホテルの部屋で、夫は仕事。
私も論文を少々進めたりゴロゴロして過ごした。

この日の目標は、世界遺産である旧市街を一望できる新要塞に登ること。
昼過ぎにホテルを出発。

街の至る所にこんな売店がある。
飲み物、おやつ、お酒、アイスクリーム、ポストカードなどが売られている。



海沿いを歩きながら新要塞を目指す。











小さい街なので、適当に歩いていれば行けるだろうと甘く見ていたら
道に迷ってしまった。炎天下とは言えないけれどイギリスとは
比べ物にならないくらいの高い気温で二人してヘロヘロに。
ちょっとキツかったけれど、無事に新要塞へ。

この先に、新要塞へと続く入り口が。


入り口で一人につき£3支払って、上へと登る。

あまり人気がないのだろうか??
来場している人は私たちを除いて4組ほど。
ほぼ貸し切り状態。



まだてっぺんじゃないのに、すでに景色がキレイ。




要塞にはカフェ。


要塞の中。


要塞の中からの外の景色。


要塞の中からさらに階段で上へと登る。




すごく暗くて、階段も大してしっかりしていなくて怖かった。
けれど、降りる方がさらに怖くて一歩一歩確かめながら降りた。
高い所にある階段って、降りる方が怖いのね。

階段の先に、やっと新要塞のてっぺんが。


新要塞からの眺め。
世界遺産の街、コルフ旧市街を一望。





新要塞を下り、街を通ってホテルに戻ってきた。

部屋のバルコニーで休憩。


ホテルのプールでリラックス。

プールサイドには、定年退職したと見られるお年寄りたちがたくさん。
私たちのような年代の人はごくわずか。
みんなプールで泳ぐのではなく、派手な水着を着て、日焼けを愉しんでいた。
私もしばらく、ビーチパラソルの下でお昼寝。

暑くて目が覚め、プールに入ろうと思ったけれど
プールは結構冷たくて、ひざまで浸かってすぐギブアップ。
後になって再びトライした時にはなんとか体全体で浸かってみたけど
やっぱり水が冷たくて、3分くらいでギブアップ。

泳ぐのも楽しみにしていたのに、いざとなったら根性なしだった。
考えてみれば、まだ6月だしね

夕食は、海のそばのレストランへ行くことに。

今回の旅の珍景。

何やら複数の若者の大きな声が。その方向へ目をやると、
イベントの準備のためか大量の椅子を移動させていた若者たち。
大きめのリアカーに椅子をのせ、原付自転車で運ぼうとしていた。
が、坂でどうにもこうにも動かなくなってしまったらしく苦戦していた。
数分後、なんとか無事に運べていた。


目的のレストランに到着。
店員さんが「コンニチハ」と迎えてくれた。
わくわくとメニューを眺めながら、あれこれ迷っているとき、
ふと「ここってカード使えるっけ??」と気が付いた。
私たちは大して現金を持っておらず、大抵はカードで決済をする。

お店の人に確認すると
「普段は使えるんですけどね、、、今は機械の調子が悪くて使えないんです。。。」
近くのATMの場所を教えてもらい、現金をおろしに行くことに。
「また戻ってきます」と言い残して席を立った。

15分ほどして、再びそのレストランへ。
先ほど案内された私たちの席は片付けられていた。
まさか戻ってくるとは思ってなかったのだろう。

その反動か、店員さんは終始丁寧で
かなりフレンドリーに接客してくれた。

一番安い地元のハウスワイン。フルーティーですっごく美味しい。


トマトとキュウリのサラダ。お魚のペーストとパン。


アンチョビのフライ。


シーフードパスタ。夫が注文したものであるにもかかわらず、
衝撃的な美味しさに、モリモリ横取りして食べた


午後9時前。夕陽が沈んでいく。


舌鼓をうち、お腹も胸もいっぱいな頃、お会計をお願いした後に
アイスクリームが運ばれてきた。
「注文していませんよ」と伝えると"it's a gift"の返事。
サービスしてくれたらしい。


お会計を済ませた帰り際、お店の人が「アリガトウ」と見送ってくれ、
握手まで求められた。こんなことは、旅先を問わず初めて。
現金を持ち合わせておらず、ATMへ行くために一旦お店を離れ、
戻ってきたことが、よほどびっくりしたのかもしれない。
日本人って正直で良いヤツらだなって思ってくれたのかな。えへっ

ホテルへの帰り道を歩いていると、異様なことに気が付いた。
どこからともなく車がやってきて、街中が車でいっぱい。

立ち寄った売店でお会計の際に売り子のお姉さんに
「今夜は花火大会か何かですか?」と尋ねると
「大きなイベントなんて何もないのよ。今日は日曜日だし
月曜日の明日は半日お休みだし、みんなここに集まって楽しむだけよ。」

ちょうどギリシャの不安定な経済状況を世界のニュースが伝えている頃。
アテネから離れた島、コルフ島では
特に混乱はなく、ゆっくりとした空気が流れている。

宿泊先のホテルにも、賑やかな音が真夜中まで聞こえてきた。

楽しんで頂けたら、クリックで応援してもらえると嬉しいです



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ




コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bluebanana250811.blog.fc2.com/tb.php/278-820aa570

■  プロフィール

bluebanana

Author:bluebanana
どんぶらこペースのフリーランス翻訳者

2007-2010年8月
  米国にて留学、就職
2010年9月
  日本に帰国し結婚
2011年2月
  渡英
2012年12月
  英国大学大学院通訳・翻訳修士課程修了

趣味はスイム、ネイル、読書、映画、ヨガ

「いつかきっと」なんて言わず
その日を自分で叶えていきたい。
いつだって頭の中は"it's now or never"
人生が足りないくらいやりたいことたくさん。

■  ブログランキング

1日1クリック応援してもらえると
励みになります♩
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  フリーエリア

コルフ島
旅行口コミ情報

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (0)
グラストンベリー (10)
留学生活 (62)
イギリス生活 (136)
雑話 (27)
健康 (7)
読書 (8)
バース (15)
アップル製品 (12)
笑いたいときに (6)
英語 (13)
日本語 (2)
ランゲージイクスチェンジ (5)
ダイエット (1)
映画 (7)
ネイル (21)
日本への里帰り (13)
翻訳 (4)
湖水地方 (2)
ギリシャ (4)
トルコ (4)
イタリア (4)
キックボクシング (5)
洋裁 (1)
スイス/フランス (4)
ミーシャ (2)
ラルワース (1)

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  QRコード

QR

■  ブログ内ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。