ギリシャ コルフ島 〜1日目〜 | イギリス生活 kira kitu sawasawa イギリス生活 kira kitu sawasawa ギリシャ コルフ島 〜1日目〜

イギリス生活 kira kitu sawasawa

アメリカにて大学卒業後に現地で就職。職場で出会った現在の夫と共に現在はイギリスで生活しています。2012年12月、主婦をしながらバース大学大学院通訳・翻訳過程を修了。イギリスでの生活について、日々想うこと、英語、趣味やくだらない話まで多岐にわたって毎日の気ままな記録を綴っています。(旧:主婦+学生のきまぐれイギリス日記)
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/06/06

ギリシャ コルフ島 〜1日目〜

連休を利用して旅行へ行くことに。
旅行を決めたのは、出発のおよそ10日前。
仕事に多忙な夫は、今年は夏休みも取れないらしい。
ただ、快晴に恵まれないイギリスの地から離れて
少しでも陽を浴びに行きたいということになった。
旅先でも少々仕事が出来るよう、
『インターネットが完備された所』を条件に。

出発の10日前、しかも祭日なので、どこへ行くフライトも満席。
一旦は旅行自体を諦めることにしたけれど、
1箇所だけ往復のフライトチケットとホテルに空がある場所を見つけて
目的地のことなど何も知らずにとりあえず予約。

そこがギリシャのコルフ島。

旅行が決定した後、夫は急に出張が増えてしまい、
多忙を極めた。そして、旅行の前日になって
「旅行、今からキャンセルできる?」と言いだした。
「いいよ。キャンセル料は100%。それでもいいなら」

二人で少々悩んだ。
家に居たまま、同じ金額を払うなら、
旅先のホテルでゴロゴロして過ごせば良いという結論になり、
いざ出発

LLCが多く就航している、ロンドンガトウィック空港から出発。
午前4時頃なのに、すごい混雑。


フライトが午前5時すぎだったので、ほぼ睡眠をとらないで
空港に向かい、旅行のはじめからかなり疲れていた。
それでも、目的地の空港に到着する前、太陽の光をきらきらと反射する
美しい海が広がっているのを見て、気分がぐっと上がってきた。

ギリシャのケルキラ国際空港へ到着。

EU圏内に住む人たちは、パスポートをチラっと見せただけで入国完了。
それ以外の人たちは、パスポートにスタンプを押してもらって入国。

空港からタクシーで10分もかからないうちにホテルに到着。
運転が乱暴でちょっと怖かった。

宿泊先のホテル・コルフ・パレス


ホテルの正面には海が広がる。


ホテルの部屋


バルコニーからは海の眺め


灰皿の上にマッチ!ではなく、ソーイングセット。
アメニティーにソーイングセットがあるなんてビックリ。


このカゴの右奥においてあるシャワーキャップに日本語が!
今回の旅先で目にした唯一の日本語。


ホテルに荷物を置いて、
昼食をとりに、街へ出ることに。

先に見えるのは旧要塞。


赤と白の横断歩道。なんだか、めでたい気分。


街の様子。


この辺り一帯は旧市街で、世界遺産に登録されている。
旅行の前日に知ったけど

街のレストランで昼食。

コルフ島の地ビール。ドイツのビールみたい。ほどよい苦みがあっておいしい。


パンとオリーブのペースト。
コルフ島は200万本にも及ぶオリーブの木があるオリーブの名産地。


ゆでたタコのマリネ。


ほうれん草とチーズのパイ。今回の昼食で一番美味しかった!


ギリシャ料理で一番有名なムサカ。



昼食後、街を散策。


お土産屋さんの店内


このお皿、トルコ皿よね!?『トルコ皿』として我が家にもいくつかある。
お店のおじさんに尋ねてみると「全部ギリシャ製だよ」と言われた。
他にも、トルコの青い目玉のお守りもあっちこっちで発見。
近くの国だから文化が入り交じっているのかしら??


キンカンのシロップがたくさん。

売り子のお兄さんに味見をさせてもらったときのこと。
「これは中国の『キンカン』というオレンジから作られていてね。。。」
と説明された。あまりにもはっきり「キンカン」と言っていて驚いた。

「『キンカン』は日本から来たんだよ」と教えてあげると納得した様子のお兄さん。
後から調べると、キンカンはお兄さんの言う通り中国から来ていた
ウソ教えてごめんなさいいや、ウソでもないか。
「キンカン」という発音自体は日本のもの。
中国語なら「キンカン」とは発音しない。
キンカン自体は確かに中国から来たらしい。
でも、発音だけは「キンカン」という日本語??
前に来た日本からの観光客に教わったのだろうか??

それにしても、売り子のお兄さん、自分の店で売ってる物なんだから
もっと知識と自信を持って売ってよね!笑

スポンジも至る所でたくさん見た。


木製用品


フィッシュスパ

どうして旅先というのは、普段は決してやろうと思わないこともやろうと思えるのだろう。
自宅の近所のショッピングモールにもフィッシュスパはあるのに、行ったことがない。
近所で出来ることをわざわざ旅先でする必要ないのに。
フィッシュスパは細かい振動でマッサージされているような感覚。
後になって、すっごく足がツルツルしていて驚いた。

えーっと、ここ何だっけ。。。博物館だったような気が。




どこに目をうつしてもキレイ。


街は小さく、徒歩で十分見て回れる。再び旧要塞。


ギリシャのマクドナルドはどんなもんだろうと見てきた。




夕食の時間までホテルでたっぷり昼寝をして、
夜には再び街へ。

タラモサラタ。マッシュポテトと魚の卵を混ぜたもの。
パンにつけて食べると美味しい。


イカのフライ。おいしすぎる。


メカジキのソテー。何を食べてもおいしい


ギリシャのビール。


通りに面したテラス席で食事をしていると、犬がフラフラやってきて、
眠りはじめた。

食事をほしがるわけでもなく、こちらを見て寝ているだけ。
そんなに見つめないで
しばらくすると飼い主さんらしき人がやってきて、
かなりご機嫌にしっぽをぷりぷり振りながら帰って行った。

食後のコーヒー。モロッコ料理屋さんで飲んだものと似ている。
小さいカップに濃いめのコーヒー。底にはパウダー状の豆が沈殿。
夕食を美味しく締めくくった。


失業率が高く、経済的にかなり不安定なギリシャ。
花火と共に爆竹のような激しい音がしてきた。

若者の暴動か??と思いきや、単にお祭り気分に楽しんでいるだけだった。

夜の旧要塞。


午後9時すぎ。陽が沈んだばかり。


こういう建物を見ると、「ギリシャに来た」という感じがする。


たっぷりの陽を浴びて、美味しい料理を楽しめた贅沢な一日だった。

↓1日1クリックずつぞれぞれ応援してもらえると励みになります
     
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
      



コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bluebanana250811.blog.fc2.com/tb.php/277-154311d0

■  プロフィール

bluebanana

Author:bluebanana
どんぶらこペースのフリーランス翻訳者

2007-2010年8月
  米国にて留学、就職
2010年9月
  日本に帰国し結婚
2011年2月
  渡英
2012年12月
  英国大学大学院通訳・翻訳修士課程修了

趣味はスイム、ネイル、読書、映画、ヨガ

「いつかきっと」なんて言わず
その日を自分で叶えていきたい。
いつだって頭の中は"it's now or never"
人生が足りないくらいやりたいことたくさん。

■  ブログランキング

1日1クリック応援してもらえると
励みになります♩
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  フリーエリア

コルフ島
旅行口コミ情報

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (0)
グラストンベリー (10)
留学生活 (62)
イギリス生活 (136)
雑話 (27)
健康 (7)
読書 (8)
バース (15)
アップル製品 (12)
笑いたいときに (6)
英語 (13)
日本語 (2)
ランゲージイクスチェンジ (5)
ダイエット (1)
映画 (7)
ネイル (21)
日本への里帰り (13)
翻訳 (4)
湖水地方 (2)
ギリシャ (4)
トルコ (4)
イタリア (4)
キックボクシング (5)
洋裁 (1)
スイス/フランス (4)
ミーシャ (2)
ラルワース (1)

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  QRコード

QR

■  ブログ内ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。