イギリス生活 | イギリス生活 kira kitu sawasawa イギリス生活 kira kitu sawasawa イギリス生活

イギリス生活 kira kitu sawasawa

アメリカにて大学卒業後に現地で就職。職場で出会った現在の夫と共に現在はイギリスで生活しています。2012年12月、主婦をしながらバース大学大学院通訳・翻訳過程を修了。イギリスでの生活について、日々想うこと、英語、趣味やくだらない話まで多岐にわたって毎日の気ままな記録を綴っています。(旧:主婦+学生のきまぐれイギリス日記)
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015/07/04

帰国。そして、これからのこと。

2014年6月末に日本に急遽本帰国しました。


かれこれ1年以上、このブログをほったらかしにしてしまった。

もう読む人もいないだろうけれど、たまたまこのブログにたどり着き

あれからどうしてるの? と、もし思ってくれている誰かのために

帰国前後のことをご報告。


ビザ更新をしたばかりであったにも関わらず、夫の仕事の都合で急に本帰国が決定。

相変わらず夫の仕事にはさんざん振り回される。


本帰国をすることになって、今まで行ってみたかったけど行ったことのなかった

フランスとイタリアへそれぞれ週末に夫と旅行。

日本からだと遠いし、旅費が高くつくからというケチケチ精神から。


夫が出張に行っている間を見計らって、スペインへ留学中の中学・高校時代の友人と

バルセロナで12年ぶりの再会。時が経っても変わらない友情を知った。


イギリスで出会った友人たちに会い、思い出話や人生について語り合った。


日本では入手しにくい服や靴を大急ぎで通販。これもまた、ケチケチ精神から。


お気に入りのウエットスーツを着て、コッツウォルズの湖で泳ぎ納め。

イギリスで一番嬉しく楽しかったレイクスイム。

湖で泳ぐときは、水がどれほど冷たくても、なぜか嬉しくて顔がニヤけた。

どれだけノミに咬まれようと、気にもならなかった。

「出会ってしまった」と心底恋に落ちたレイクスイムができなくなったのは残念。


引っ越しの前日には友人とウィンブルドンで試合を観戦したり、

通訳・翻訳スタッフとして一緒に働いた方々とさよならの挨拶をしたりした。


バタバタと引っ越し作業中も何度も家に遊びに来てくれた近所の猫、ミーシャ。

ずっと引っ越し作業の監督をするように私たちのそばにいてくれた。


そして、空っぽになった家の中を眺めていた。



猫なんて触れ合ったこともなかったのに、今では猫の大ファンになったのはミーシャのおかげ。

ありがとうミーシャ。今でも、夫婦でよくミーシャのこと話してるよ。

会えなくなったのに、今だっていつもそばにいてくれてるね。

会いたいけれど、なぜか寂しくないよ。


不要になる家具、家電から台所用洗剤やスポンジなど

チェックアウト前に最後まで必要だけれど処分に困る細々とした生活必需品の全てまで

よく利用していたクリーニング屋さんの新婚のお兄ちゃんが受け取ってくれた。

こんな風に急に決まった引っ越しのときには、タダで物を譲ると瞬時に全てが片付く。

買うのは簡単だけれど、処分するのは本当に大変。


大家さんと電気、ガス、水道のメーターを確認し、鍵を返却してチェックアウト。

ご近所さんに挨拶まわりをして、その日のうちに空港周辺の空港へ移動。

夕方まで引っ越しや雑務で忙しくて食事が取れなかったおかげで

空腹から夫とは互いにイライラしていたけれど、ケンカする暇もないほど

忙しかったおかげで、それはやがてヘラヘラと笑い話に変わっていた。


これらの出来事は全て帰国直前の3週間ほどの出来事。

こうして私たちのイギリス生活はドタバタと終了。

能動的だったアメリカ生活とは違い、夫の仕事について行ったイギリス生活は

もどかしいことも多かった。けれど、たくさんの貴重な経験をして、

これからもずっと大切にしていきたい思い出と友人を得た。


今でも頭の中がよく整理できないほど、この一年と少し目まぐるしかった。

すごく遠い昔のようで、昨日のようにも思える。


日本に腰を据えて生活するのは8年ぶり。

食事が何でも美味しいこと、人々が礼儀正しいこと、丁寧な接客を受けること、

自治会の当番、ダイソーでワクワクすること、自宅のお風呂が気持ち良いこと、

宅配便が予定通りの正確な時刻に届くこと、コンビニが本当に便利なこと、、、

ホームで、ホームじゃないような、ちょっとまだ外国にいるような気分。

いや、ずっとホームにいたのかな。


「しばらく海外生活だったから、日本での毎日は退屈でしょ」

という友人の期待を大きく裏切り、

今は日本で新しい目標へと夢中になっていて大忙し。


そんな矢先、先日夫が二度目のアメリカ勤務の打診を受けてきた。

数年のうちにそうなるかもとは予想していたけれど、、、

深いソファに腰をかけ、やっと体に馴染んできたところなのに

また立ち上がらなければならないのは、なかなか儚い。


しばらく日本を満喫しようと思っていたのに、

人生はなかなか思い通りにいかないものだ。


もしかしたら数ヶ月後には、またアメリカにいるかもしれない。

もしかしたらまだ日本を堪能してるかもしれない。

どちらにしても、このブログは前述した目標が

一歩前進するまでしばらく更新しない予定です。


時々このブログをのぞいてくれていた方、

私なんかのブログの更新を楽しみにしているとメッセージを寄せてくれたちょっと変わり者の方、

なんとなく辿り着いてこのブログを読んでくださった方、

日々の他愛ない出来事にお付き合い頂きありがとうございました。


またそのうちお目にかかりましょう。


楽しんで頂けたら、クリックで応援してもらえると嬉しいです



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


スポンサーサイト


2014/03/21

禁煙にニコライツ nicolites 

スーパーで見慣れないものを見て、

面白いなと思い日本へ帰国するときに

お土産にしようと買ってみた。

禁煙用の電子たばこ nicolites ニコライツ


購入時、レジのおばさんに 「 determined? 決意したのね?」

なんて聞かれた。

面倒くさいのと、咄嗟の質問に戸惑って

「そうなんです。夫が。」と答えておいた。

実は、これを使って欲しいのは父。

その父に禁煙の決意なんてみじんもないのだけれど。



父はいつも、ひどい咳をしていてもタバコをやめない。

やめた方が楽なんじゃないの??

父の咳は、もう肺ごと出てきてしまうんじゃないかと思うほどのひどさ。

それでも、「ガンになってもやめない」なんて主張している。


そんな父がちょっと入院することになったので

入院中はたばこが吸えないだろうし、

でも口はさみしいだろうから

どうせならこれをくわえてもらおうと買ってみた。


タールなし、においもなし、たばこじゃないけれど

ニコチンはたっぷり。だから必然と普通のタバコから

摂るニコチン量が減っていく・・・

というのが禁煙成功のストーリーらしい。


煙が出るわけじゃないから他の人の迷惑にならなくて良い。


「ガンになってもやめない」と言う父を

このニコライツは変えてくれるだろうか。

もし禁煙できたら、それはものすごい快挙だと思う。


楽しんで頂けたら、クリックで応援してもらえると嬉しいです



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ




2014/03/21

ビザなのに誤記載 政府でもこんなもの 本籍地という概念

ようやくビザが発給された。


以前のタイプは、パスポートの1ページに

ペタりと紙が貼られたものだった。


今回のビザは免許証みたいなプラスチックのビザ。

イギリスに入国するときには必ず必要なので

紙に貼付けててほしかったな。失くすのがこわい。

クリップでパスポートに留めておこう。


ビザには

表には名前、ビザの発給日、有効期限、ビザの種類や労働の可否

裏には生年月日、性別、国籍などが記載されている。


表ばかりに気を取られていたけれど、

一応スキャンを取っておこうと裏面も見た。


あれ??

私の出生地が NAGANO になっている。

正しくは OSAKA なのに。


けれど、日本に帰る用事があるため

このまま持っていたいというのが正直なところ。


それでも政府から発給された身分証明に誤りがあるということで

夫が、ビザ申請を依頼したエージェントに問い合わせてくれた。

そして、「問題なく使える」との回答を受けたらしい。

まぁいっか。都合も良い。


氏名、国籍、生年月日が間違っていれば

きっと訂正が必要なのだろうけれど

出生地なんて、どうでもいいのかもしれない。

でも、どうでもいいなら記載しなければいいのに。


どうやらイギリスのパスポートには「出生地」

日本のパスポートには「本籍地」

が記載されているため、こういった誤りが起きたみたい。


そういえば、「本籍地」について、イギリスでもアメリカでも

誰かと会話をしたことがない。


そっか、そういう概念自体ないのだと今さらながら気がついた。

それって、すごく興味深い。


確かに日本にいても本籍地とはなんぞやとよく思わされる。

住んでいなくても本籍地。


きっとお役所的には重要なのだろうけれど

意識して生活することはない。


「生まれはどこ?」という会話はあるけれど

「本籍地はどこ?」なんてお友達と話さないもの。


ビザの誤記載がきっかけで、「本籍地」の面白さが知れた。




楽しんで頂けたら、クリックで応援してもらえると嬉しいです



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ




次へ>>

■  プロフィール

bluebanana

Author:bluebanana
どんぶらこペースのフリーランス翻訳者

2007-2010年8月
  米国にて留学、就職
2010年9月
  日本に帰国し結婚
2011年2月
  渡英
2012年12月
  英国大学大学院通訳・翻訳修士課程修了

趣味はスイム、ネイル、読書、映画、ヨガ

「いつかきっと」なんて言わず
その日を自分で叶えていきたい。
いつだって頭の中は"it's now or never"
人生が足りないくらいやりたいことたくさん。

■  ブログランキング

1日1クリック応援してもらえると
励みになります♩
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  フリーエリア

コルフ島
旅行口コミ情報

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (0)
グラストンベリー (10)
留学生活 (62)
イギリス生活 (136)
雑話 (27)
健康 (7)
読書 (8)
バース (15)
アップル製品 (12)
笑いたいときに (6)
英語 (13)
日本語 (2)
ランゲージイクスチェンジ (5)
ダイエット (1)
映画 (7)
ネイル (21)
日本への里帰り (13)
翻訳 (4)
湖水地方 (2)
ギリシャ (4)
トルコ (4)
イタリア (4)
キックボクシング (5)
洋裁 (1)
スイス/フランス (4)
ミーシャ (2)
ラルワース (1)

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  QRコード

QR

■  ブログ内ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。